September 8, 2017

今まであまり触れてきませんでしたが、

着生オブジェの管理について解説していきたいと思います。

写真のものは、雑誌の撮影当日に 一発勝負で作った作品。

製作におけるテクニカルな部分は「NHK 趣味の園芸 9月号」に詳しく掲載されていますので

そちらを参考にして下さい。

当店では、このような着生オブジェは

乾燥を防ぐため、水槽に入れて管理しています。

一般的にランは、「風通しの良い場所が良い」とされていますが

専用のハウスでもない限り、「通風」と「湿度」を両立するなんてとても無理です。

人間が快適に過ごせる空調のきいた室内では、

湿度が全く足りません。

そこ...

July 21, 2016

Davallia mariesii(しのぶ)

植物の中には、 着生植物という一大グループがあります。

土を必要とせず、他の樹木や、岩などに

着生して生活する植物です。

シダ、ラン、コケ、チランジア(エアプランツ)などが

有名どころですが、実は一部の水草や

海藻の多くも着生植物です。

土を必要としないということは、

植物にとっては死活問題で、何かしらの方法で

水や養分を補給する必要があるわけです。

そのような過酷な状況下で生きている植物は

独自の進化を遂げ、姿形も非常に面白い種類が多いのも特徴です。

個人的には、鉢に植える必要がないので

流木につけたり、コルク...

July 15, 2016

こちら自宅管理組。

右上から時計回りに

・ビフルカツム

・リドレイ

・スペルブム

・コロナリウム

・ホルタミー

GW〜秋の終わりぐらいまでは、

ベランダの軒下で放置栽培。

水ゴケが乾いたら、

ホースでまとめて水やり。

唯一リドレイは低温に弱いので、

最低気温が25度ぐらいになるまでは

室内で管理しています。

一時のブームもひと段落して、

基本種は比較的入手しやすくなりましたね。

見た目も面白いし、栽培も容易なので

ビギナーにもオススメです。

July 6, 2016

​​記念すべき、第一回のブログは

所謂「ミスト式」栽培について。

高湿度を必要とする植物(シダ、ラン、水草etc...)を

ひとまとめに管理できるとても便利な栽培方法です。

特に難しいことはなく、水槽の上に密閉できる蓋をして

上に水槽用のLEDライトを設置するだけ。

週に2、3回霧吹きするだけのお手軽栽培です。

水槽の底にうすーく水を張っておくのもポイントかと。

品種によってはLEDの光が強すぎることがありますので、

乳半のアクリル板を使って若干遮光気味にしています。

着生させてから動き出すまでのスタートダッシュも

抜群に速いように思います。

デメリットと...

Please reload

LATEST POST

February 4, 2020

August 21, 2019