徒長アート


Haworthia cooperi var. pilifera

徒長アート。

それは日照不足が作り出した芸術。

なんて言ってみたものの、これは偶然の産物で。

一般的には「徒長=悪」でしかなく、

ガチムチ至上主義の多肉植物の世界では

怠け者の象徴とされていることでしょう。

【用語解説】

徒長とは、日照不足が原因で

葉や茎がだらしなく間延びした状態のことを指します。

【言い訳】

白い葉を持つ「斑入り」の品種は葉緑素を持たず、光合成ができません。

直射日光などもってのほかで、

遮光気味に管理するのが良しとされています。

これは過保護にした結果なのです、、

LATEST POST
CATEGORY
ARCHIVE
SNS
  • Black Instagram Icon
  • Black Facebook Icon
タグから検索

© 2015 PART-TIME NURSERY All Rights Reserved.